単身赴任生活 お役立ち人気コラム

ドレープカーテンってどんなもの?

カーテンの役割はほとんどの方が知っているように、光を遮ることや音を遮断することです。


外からの光を遮ることで、就寝時にゆっくりと眠ることができるようになります。


部屋の中の光が外に漏れないようにする役割や、外から部屋の中を覗かれないようにする役割もあります。


音も、外と中の両方を遮断します。


カーテンが間仕切りとして使われることもあります。

 

 

カーテンにさまざまな役割があるように、カーテンには種類がいくつかあります。


では、ここで1つ質問です。


ドレープカーテンと呼ばれているカーテンが、どのようなものか知っていますか?

 

 

ドレープカーテンとは、厚手の生地で作られたカーテンのことです。


カーテンと言った場合、ドレープカーテンのことを指していることがほとんどです。


半透明のレースカーテンと呼ばれているカーテンは、ドレープカーテンの中に取り付けます。


ちなみに、ドレープカーテンとレースカーテンの中間の厚さのものを「ケースメント」と呼んでいます。

 

 

カーテンに類似したものとして、ロールスクリーンやパネルスクリーンなどがあります。


カーテンもカーテンに類似した製品も、室内装飾としての役割もあります。


カーテン1つで部屋の雰囲気ががらりと変わりますから、カーテンはインテリアの一部として部屋の雰囲気作りに役立ちます。